読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲報

 現地11月28日、南米コロンビア中部メデジン近郊で起きた飛行機事故事故。これまでに71人の死亡が確認されている。
 
 その犠牲者の大半が、コパ・スダメリカーナ杯の決勝第1戦(相手はアトレチコ・ナシオナル)のためボリビアからコロンビアに移動中だったブラジル1部クラブのシャペコエンセの選手やコーチ、スタッフなど。2005年に柏レイソルでプレーしていたクレーベルや2013年のJ2得点王のケンペス(当時ジェフ千葉)、シャペコエンセを率いていたカイオ監督(2009年にヴィッセル神戸を指揮)などJリーグにゆかりのある人達も帰らぬ人となった。
 
 スポーツ専門メディアの『ESPNブラジル版』は、この事故を受けて、シャペコエンセのキャプテンだったクレーベルの事故直前の言葉を紹介している。
 
 2005年に柏でプレーしたクレーベルは、2007年から2010年の3シーズンに渡ってスペインの強豪A・マドリーに所属し、2015年にシャペコエンセに加入。その闘争心と牽引ぶりから「クラブのシンボル」と高い評価を受けていた。
 
ESPNブラジル版』の追悼特集では、「このMFは、シャペコエンセでの2シーズン目を終えようとしていた。今シーズンは65試合で3得点。チームで最も経験を持つ存在というだけでなく、彼はキャプテンだった。コパ杯を真っ先に掲げるはずだった」とクレーベルとの別れを惜しんだ。
 
 そして、クレーベルがフライト直前に自身のインスタグラムに投稿したメッセージも、特集には綴られていた。
 
「どんな人生でも僕は生きていく。そしてどんな人間も同じように愛するだろう」
 
 飛行機の座席に座った写真付きで投稿されたメッセージには、ブラジル、日本、スペインであらゆるクラブを渡り歩いたクレーベルの生き様がにじみ出ていた。